-----ぽちゃんねる新着順動画100本-----

ぽちゃ専が出会い系サイトデビューして、初めて会ったぽっちゃり女子は、体重70キロ台の巨乳ちゃん。

2020年01月05日
0
ぽっちゃり出会い体験談
ぽちゃ専が出会い系サイトデビューして、初めて会ったぽっちゃり女子は、体重70キロ台の巨乳ちゃん。



●出会ったぽっちゃり娘「森ちゃん」のスペック

●出会ったサイト⇒ワクワクメール ●使い方⇒コチラ

・身長   150
・地域ながらの工場で勤務

歳は僕の1つ上使った出会い系サイトのプロフィールではFカップ。顔は写メが暗すぎてよくわからないけど、ちょっとぽちゃっていうのはわかる彼氏無し、現在は彼氏募集中!


●今回会ったぽっちゃりさんの体型イメージ動画


ぽっちゃり女性に目覚めるもののなかなか出会いもなく、お尻の大きなおデブちゃんとセックスしてぇ~なぁ~なんて思ってたある日、先輩の一言で出会い系サイトを始める事になりました^^


ほんとでぶしかこねぇ


と怒っておりまして、その時はデブ専よりのぽちゃ専でありながらぽっちゃり女性とは1度もHをした事が無いというある意味童貞だった僕は、ちょっとやってみようかなって思いサイトを聞き出し登録。


緊張しながら目当ての掲示板みたいなところに書き込みをすませ返事を待つ。そのときは誰か遊ばな~いみたいな軽い文章だったと思います。いくら待っても返事はこず2・3日たってもう忘れかけていた頃に1通のメールが!!!


ぽちゃですが大丈夫ですか?


おぉ~来たぁ~


全然大丈夫ですよぉ~もしよかたらメアド教えるからメールしない?

(彼女の名前は忘れてしまいました住んでいた地域は覚えているので地名から一文字とって森ちゃんとします)


少し待つと見慣れないメルアドからメールがくる


森ちゃんです


僕ははじめての出会い系からの緊張もあり、美人局やサクラだったらどうしようとちょっと不安でしたが、友人の話からまずサクラはいないしいまどき美人局も聞かないっていっていたからひとまず安心。僕ははじめての人生初めてのぽっちゃり女性との出会いの喜びと焦りからメールが明らかにシモねた&すぐ会おうとしている文章に気づく・・・・・。


これだと嫌われちゃうかなぁ~と思いながらも裏腹に、森ちゃんもノリがよく


最近Hしてないからちょっと溜まってる


こんなたまらない返信をしてくる。


もうこうなったらと思い「会ったらHしようよ!」ってメールを送ってみると意外にも「生理こなかったらいいよ


いいよだって!!!!


簡単だぁ~こんなに簡単でいいのか??とりあえずHする約束はしたので、後は都合をあわせるだけ^^森ちゃんは、夜がOKらしいので日にちを決めて会う事に。


いよいよ会う当日、夜9時に森ちゃんが指定する街のクレープ屋の駐車場で待ち合わせ。
まぁ森ちゃんが住んでるところまで50キロあるってところが引っ掛かるけど、ぽっちゃり女とセックス出来るなら5・600キロくらいまでは余裕です。



ちょっと早めだが家を6時半に出て車を走らせる。
緊張からたばこを点けては消してを繰り返し、7時ちょいすぎくらいに目的地に到着してしまう。


待ち合わせまであと2時間、取り合えず暇なのでコーヒーをとガムをコンビニで購入。そして友人に電話!電話最中も通りすがるぽちゃさんにあの子かもと期待を寄せてドッキドキだ!!時間は9時近くなり


「着いたよと」メールすると
「もう向かってる、もうちょっとで着くよ」



おぉ~~緊張MAXですサイドミラーに人影が映るたびにドキドキする。

そんな時背のちっこい人影がこちらに歩いてくる。きたかぁ~きたのかぁ~その人影は運転席の僕を覗き込んで

sousouさんですか?森ちゃんです

sousou「あっあぁ~はじめまして、助手席どうぞ
森ちゃん「おじゃましま~す


正直暗くて顔はわからなかったが、僕の基準とするぽちゃさんでは無い事は確かだ・・・ほんとにがっかり!!がっかりだぁ~!!太ってるって言ったじゃ~ん!!ここで解散するわけにもいかないので、もときた路を戻ってメールで行く約束をしていたイルミネーションイベントの会場へ向かう。


がっかりした僕は落ちた心を抑えつつ話しかけるが「うん」  「そう」っとぼそっと返事するだけ。


あの~暗いですねって言いたかったけど我慢w


あまりにもメールのノリとは違うテンションに緊張してるんだなぁ 車は街に突入してネオンの光でうっすらだけど森ちゃんの顔が見えてくる。うぅ~ん正直可愛くない、僕はぽちゃさんだとパンパンに張った顔でさえ愛くるしく思えてしまうのに、ぽちゃさんじゃ無いとわかった以上なんの興味もわかなくなる。


初の出会い系、50キロの遠出でもうH無しでは帰られぬ!そう誓い目的地へ車を走らせる。会話も弾まないまま目的地到着


車からでも綺麗なイルミネーションが見えるので、人が少なそうな小道に入りイルミネーションを眺めるセックスすると決めたいじょうまずがんばってきっかけづくり!


そっと手を握ってみる。

嫌がらないどころがすんごい勢いで手を絡めてくる。

手でお互いの肌を確かめ合い全然反応しない息子にがんばれと心の中で言い聞かせた。


いままでくら~い雰囲気全開だった森ちゃんが豹変する。とても無口な森ちゃん、そんな森ちゃんが豹変する。手を絡めあい、僕は森ちゃんの方へ顔を向けるといきなり森ちゃんが僕へKISSえっ!っとびっくりする間もなく舌をぐっちゃぐっちゃに絡めてくるおぉ~なんなんだこの積極性わ~~w


もうむさぼるように僕の舌を吸い込んだりしながら時々「フンガ フンガ」って言う呼吸が気になる。そしてこの時気づいたのだが・・・・・森ちゃん超口臭いよ・・・・。

あまりの口の臭さに気持ち悪くてKISSに集中できません。

なんとか自然な流れでKISSを中断するsousou「結構積極的なんだねぇ~」

森ちゃん「ウェへッ」

ウェヘッ??ちょっと変な返事だけど気にしない


ボソッと森ちゃんが一言

Hしたい


あはは~~~~~w



もうここまで着たらタイプのぽちゃさんじゃなくとも口が臭くともやろうと決める!

「いいよ、ホテル行こう!」


近くにホテルがないため、車を海岸沿いへ走らせ少し離れた海が前にあるちょっと古いラブホテルのガレージへと車を流し込む。


sousou「行こうか?

森 「うん  でも今日生理なんだけど大丈夫かなぁ~??


えっ何を言ってらっしゃるんですか???


えっ何を言ってらっしゃるんですか???


えっ何を言ってらっしゃるんですか?


生理だったらHしないって言っていたしホテルにも着いたのにそれは無いよ~~僕は軽度の潔癖症だ、KISSは基本的嫌いでしかも口が臭いと吐き気さえ覚えてしまう・・・それをがんばった。


そして潔癖症に反して臭いフェチで、ワキガの匂いやぽちゃさんの汗臭い匂いは味わいたいとさえ思える。そしてタイプのぽちゃさんだったらアソコやアナルが多少臭い方がいい!でもさすがに生理の時は厳しい・・・。


森ちゃんはぽちゃではなく、口が臭く、生理だ!


どうする?
俺  どうする?


初めての出会い系。今までぽちゃ好きでありながら腹の贅肉でさ満足に掴んだこともないぽちゃ童貞・・・。


いってきまぁ~~~っす


sousou「あっそうなんだ・・・(怒りを抑えて)いいよいいよ、お風呂もあるし

森  「うん


こうして古びたホテルの階段をあがりよくわからない花の名前がついた部屋へ入る.


名前は忘れたが椿とかユリとか和風の名前の部屋にin.森ちゃんには失礼だがやることをやって早く帰りたい・・・・w


部屋に入る



sousou「シャワー浴びよっか?

森「家で入ってきたから大丈夫だよ。


いやいやいやいやあんた生理だろ!血を洗ってくれ~って心の声を抑えつつ


一緒に入りたいな~」なんて甘えてみる。

森「うゥ~んじゃあいいよ

ふゥ~


いちいち疲れるぜ・・・・・・。


裸になりシャワーを浴びる。お風呂が石鹸の匂いでいい匂い。そして周りがいい匂いのせいか森ちゃんの口臭が際立つ・・・・・・・・・・・・・・・・。もう面とむかってしゃべれないくらい匂いが際立つ。


パッパと洗い先にお風呂を後にし素っ裸でベットに寝そべる


森ちゃんがあがってきて恥ずかしそうにバスタオルで裸を隠す。


sousou「そんなのとってこっっちにおいで


森ちゃんはバスタオルをとりベットへ向かってくる。この時、まじまじと裸体を見たが多少はぽちゃである^^


そしておっぱいがいい形の美巨乳と言える


だが僕の求めるのはトド体型いっさい息子が反応するわけでもなく、プレイに突入。


最低限の愛撫をとKISSをスルーして乳首をレロレロ
反応なし・・・・

お腹をレロレロ
 
反応なし・・・

おまんちょを

待ったぁ!
ここは何ともいえない鉄とおりものが混ざったような香りを放っている

はい

愛撫終了・・・


僕の息子が一向に反応しないのでおフェラのお願い!寝ている森ちゃんの顔の前に息子をド~ンと近づけると躊躇無く口に含む。
なんだなんだこのフェラはw これは新しい技なのか??森ちゃんのフェラは口に含み頭は一切動かさず、舌も一切動かさず含んだ状態で強く吸う 吐くを繰り返すだけいっさい気持ちいいという感情がわかない仕方ない・・・


僕は目をつぶる、そして森ちゃんには申し訳ないが最近僕のオナニーのおかずの主役の座を勝ち取った女性を想像する。


知り合いにママさんバレーの1日コーチを頼まれ、その時別のチームだが練習に来ていた


仮名 佳代子さん
推定40歳
身長170
体重推定95
ジャージがはち切れんばかりの巨尻で、レシーブの時の中腰加減が下に入って舐め回したくなるw
僕の前を通るたびかすかなワキガ臭とすっぱい汗の匂いを放っていた佳代子さんを想像する
息子は一瞬にして戦闘態勢に入る。


さっそくゴムをつけて正上位でIN。


もう一心不乱に腰をふるたちこめる生理臭にやられてしまいそうだががんばる!なんとか発射~~~血だらけになったチン毛を洗うべくお風呂直行!綺麗に洗いそっこーで着替える。ここでもう失礼なのは重々承知しているがもう帰りたい・・・眠い眠いを繰り返しタイミングを見計らい「帰ろっか?」


森  「もう?
sousou  「うん、明日仕事早いんだ~
森  「うゥ~ん じゃぁ仕方ないね

支払いをすませ森ちゃんの家へと送る片道50キロを・・・・・・

夢にまでみたぽっちゃり女子とのセックスは、出会い系サイトを使う事によってサクっと叶いましたが、好みってものがあるもので初体験は失敗かな。ただ簡単に出会えるって事はわかったので、ここから色々な経験を積んでいくのでした。


ぽっちゃり女と出会う方法!35人のエロい体験談と共におススメな使い方を解説するよ!

          
更新順
同カテゴリ